渡辺 明応
1984年7月24日生まれ 千葉県松戸市在住


ドラム缶から作られた楽器のスティールパン、そしてギターやウクレレなどのマルチ弦楽器奏者として活動中。12歳でギターを始め、19歳の時にCDデビュー。社会人経験中にスティールパンと出会い、2009年にWAIWAI STEEL BANDへ加入。WAIWAI STEEL BANDでは中心的メンバーとして国内各地へのツアーやイベントに出演、2枚のアルバム制作に携わる。2017年1月から3月にかけスティールパン発祥の地であるトリニダード・トバゴへ渡航、現地で歴史のあるStarlift Steel Orchestraに参加しコンテストに出場。日本人男性として初となる、120人規模のスティールパンバンドの最前列で演奏し好演を果たす。2017年11月にはキヨサク(MONGOL800)のソロプロジェクトことUKULELE GYPSYの1stアルバムに収録参加。2018年5月、自主制作で初のソロアルバム『in my room』を発表。明るい人柄と柔らかい音楽性を所望する声も多く、音源制作やライブサポートにも尽力を惜しまない一面を持つ、一児の父であり僧侶である。

PAGE TOP